長浜ラーメンとは違う?

九州方面のとんこつラーメンというと、博多ラーメンという言い方と長浜ラーメンという言い方の両方が有名です。この2つもごちゃまぜにされて使われることが多い言葉ですが、それぞれの始まりには明確な違いがあります。現在当然のようにとんこつベースとなっている長浜ラーメンですが、そもそもの長浜ラーメンの定義としては必ずしもスープが豚骨とは限らないようです。むしろ極細麺こそ長浜ラーメンの特徴とも言えるでしょう。時間がない労働者の方のために細い麺ですぐに茹で上がるようにしたのが長浜ラーメンです。

細麺一方博多ラーメンに関しては豚骨スープであることがまず第一の条件であり、必ずしも麺がストレートの極細麺である必要は無いようです。しかし現在では博多ラーメンも長浜ラーメンもさまざまな改良が加えられ、基本的に豚骨ベースで極細麺のものが多く、明確に線引きをしたり、定義したりするのは難しくなっています。また関東の人たちにとってこの博多ラーメンと長浜ラーメンがごちゃまぜに理解されるようになったのは、東京のメディアの取り上げ方が原因だとも言われています。現在では基本的にどちらも豚骨スープでストレートの細麺という標準的なイメージができあがっています。


・・・極細麺で替玉に挑戦

Pocket

Comments are closed.