博多ラーメンの歴史

博多ラーメン博多はグルメの街として知られていて、お酒も美味しく、もつ鍋なども有名です。しかしなんといっても博多ラーメンは全国的に人気のある商品として知られています。福岡をはじめ九州方面に旅行に行く際には多くの人が博多ラーメンを食べて帰ったり、博多のとんこつラーメンをお土産で買って帰ったりするのではないでしょうか。もちろん九州方面以外でも全国的に博多ラーメンを主な商品として展開しているラーメン屋さんは多く存在します。なんとなくとんこつラーメンイコール博多ラーメンというイメージがあると思いますが、実際のところ一口にとんこつラーメンといってもいろいろな種類があり、博多のとんこつラーメンとは全く違うタイプのとんこつラーメンもあります。

実は博多のとんこつラーメンの発祥は福岡県の久留米市だと言われています。ここから九州の代表的な豚骨ラーメンが生まれ、改良が加えられながら現在ある代表的な博多ラーメンへとつながっていきます。現在博多ラーメンと言うと細麺が主流ですが、興味深いことにそのほかの九州の豚骨ラーメンの中には太麺を用いているところも多いようです。ラーメンにあまり詳しくない人だと、とんこつラーメンという言葉と博多ラーメンという言葉を同義語のように用いている人もいるかもしれません。しかし博多ラーメンはとんこつラーメンの元祖であり、特定のスタイルを持ったラーメンの種類なのです。現在の代表的な博多ラーメンのスタイルとは、細麺でチャーシュー、ネギ、きくらげと海苔が乗っているスタイルです。


・・・長浜ラーメンとは違う?

Pocket

Comments are closed.